docker公式ガイド翻訳 for 自分 [1]

docker 公式 ガイド(英語)を読んで気になる部分の翻訳

あんまり英訳が得意じゃないので、ちゃんと誰もがわかる言葉に落とし込めていない可能性があります。あくまで個人的なメモがわりと釈明させてください。

GetStartedDockeGet Started, Part 1: Orientation and setup | Docker Documentationr

Part1. Orientation and setup

コンテナの特徴

  • 柔軟性: とてもふくざつなアプリケーションでもコンテナ化することができる
  • 軽量性: コンテナはホストのカーネルを利用する,そしてそれを共有する.
  • 交換可能性: そのばでアップデートやアップグレードを適用可能.
  • 携帯性: ローカルでビルド可能、クラウドへもデプロイ可能、どこでも動かせる.
  • スケーラビリティ: 稼働するアプリケーションを増やすことができ、コンテナの複製を自動的に配布可能
  • スタッカビリティ: その場でサービスに対してコンポーネントを積み上げることができる

イメージとコンテナ

コンテナは イメージによって実行されます。

イメージは、ソースコード、ランタイム、ライブラリ、環境変数、設定ファイルなど必要なものがすべて含まれた実行可能なパッケージのことです。

コンテナは、実行時インスタンスです。これは、実行されるときに、イメージがメモリの中でどのようにあるか(つまり、状態を持ったイメージ、もしくはユーザプロセス)のインスタンスということです。docker ps コマンドを使って、Linuxでやるように、稼働させているコンテナのリストを確認することができます。

Docker 環境の用意

コミュニティエディション、もしくはエンタプライズエディションの保守されているバージョンをインストールしてください。

Install Docker

Docker バージョンのテスト

  1. サポートされているバージョンのDocker をインストールしていることを確認してください。

    docker --version

  2. より詳細なインストール情報を知るために以下のコマンドを実行してください。

    docker info

Docker の インストールのテスト

  1. hello-world イメージで docker が 動くかどうか確かめましょう.

    docker run hello-world

  2. ダウンロードされたhello-world イメージをリスト表示させてみましょう.

    docker image ls

  3. hello-worldのコンテナをリスト表示してみましょう

    docker container ls --all

要約とチートシート

まぁこのへんしっかり抑えたいときは、自分で help 叩いてみるのが良さげ.

## docker の cli コマンドをリスト表示する.
docker
docker container --help

## docker の バージョンと 情報を表示する.
docker --version
docker version
docker info

## docker image を 実行する.
docker run hello-world

## docker image を リスト表示する.
docker image ls

## docker conatainer をリスト表示する.
docker container ls ## 実行中のもの
docker container ls --all ## すべて
docker container ls -aq ## quiet mode 中のものすべて

パート1の結論

コンテナ化は、継続的インテグレーション、継続的デプロイを継ぎ目のないものにします。

  • アプリケーションは、システムに依存性を持たない.
  • アップデートは分散アプリケーションの任意の部分に対してプッシュ可能.
  • リソース密度を最適化可能.

Docker を利用することで、あなたのアプリケーションをスケーリングすることは、動作の重たいVMホストを動かすことではなくなり、単純に新たな実行ファイルをスピンアップすることにかわります。

所感

わからないなりにまとめてみた。英語のドキュメントを読もうと思ったモチベーションは、Safari Books Onlineを後々使いたいなと思っているから。

ローカル汚すのはもうあまりしたくないのでdocker マスター、なりたいですね。

続きは次回投稿します。