local で git init してから github に push するまで

最近、忘れがちなので自分のためのメモとしてこちらに保管しておこうと思います。
(あ、さきにGitHubのアカウントとリポジトリは作成してね!大体ページに書いてあるよ!なんなら下の内容も大体書いてあるよ!)

local で git init

リポジトリ化したいディレクトリで

$ git init

上のコマンドで git リポジトリ化する.

initial commit

最初のコミットをする. コミットがなきゃ push ができないし、意味もない.

$ git commit --allow-empty -m 'intial commit'
  • commit --allow-empty で 空コミット許可
  • commit -m で 引数にコメントを書く.

自分のリモートリポジトリを確認し、ローカルリポジトリに登録する.

僕の場合は、 今回 github で リモートリポジトリを作成した。ちなみに公開鍵の設定なんかは早いとこ済ませてある。 以下のコマンドで remote リポジトリを ローカルの リモートリポジトリに記憶させる。

$ git remote add origin git@github.com:hoge/piyo.git

hoge のところに、 ユーザ名、 piyo のところに、 リポジトリ名を 置換してあげてください。

リモートリポジトリに master ブランチを プッシュする。

以下のコマンド

$ git push -u origin master

push -upush --set-upstreamエイリアスです。

以上でした。